またもお騒がせ! 朝青龍、モンゴルへとんぼ返り

大相撲のモンゴル巡業から29日に成田空港着のチャーター便で日本へ戻った横綱朝青龍が、入国審査を受けずモンゴルへ戻る同便に再搭乗して故郷へとんぼ返りしていたことが30日、分かった。

 朝青龍は当初からモンゴルでの滞在延長を希望しており、巡業最終日の28日に日本相撲協会の巡業部に滞在延長を申し入れたが、許可が下りなかった。帰国する29日になって、あらためて大島巡業部長(元大関旭国)に申し出たものの却下されたため、いったん日本に降り立った後、Uターンするという行動に出た。

 関係者によれば朝青龍は、帰国について師匠の高砂親方(元大関朝潮)の許可を得たとしているが、巡業部が別行動を認めなかったため成田まで形式的に同行する形を取ったようだ。ただ、空港で入国審査を受けなかったことで、正式に来日したことにはならない。再来日は9月1日を予定しているという。

 海外巡業は相撲協会の公式行事で、巡業部は1力士の別行動を認めていない。相撲協会には巡業出発を前に、朝青龍から海外渡航届が提出されているという。

 9月に発売される自身の写真集では、まげをほどいたポニーテール姿が掲載され、相撲協会の外部有識者委員で漫画家のやくみつる氏が29日、苦言を呈したばかり。これまでも問題行動が続いた横綱だけに、秋場所(9月14日初日、両国国技館)を控え、今回も波紋を広げそうだ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。