価格競争

価格競争はもっとして欲しいですね。

au全機種が半額割引の対象に 11月から適用

KDDIは27日、auブランドの第3世代携帯電話「CDMA 1X」などを、別のシリーズで導入予定の2年間の継続利用を条件に月額基本料金を契約直後から半額にする新割引サービスの対象とし、11月12日から適用すると発表した。これによりauの全機種で新割引サービスを受けられることになる。

au(エーユー)は、KDDIおよび沖縄セルラー電話の提供する携帯電話事業のブランドである。

携帯電話契約数が約2,834万契約で、国内の携帯電話市場における市場占有率が約28.8%で2位(2007年7月末現在)。[1]

また3G契約数が約2,781万契約で、総契約数に対する3G普及率が98.1%で1位(2007年7月末現在)。

カメラ付きケータイやカラー液晶、シェルタイプ機種の導入の遅れ、iモードの爆発的ヒットから、J-フォン(現:ソフトバンクモバイル)やNTTドコモに新規契約数で大きく差をつけられ市場占有率は一時期(2002年3月末)3位となった。その後は、他社の3Gエリア展開の遅れや、ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル)の世界戦略機種投入の失敗もあり、契約数を伸ばし、ガク割やダブル定額での料金戦略や着うたフルなどのヒットで、現在ブランド別では3年連続、年間ベースでの純増数は2年連続、純増No.1を記録している。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。